スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 25日

プロの気概は何処へ行った?

e0022047_21180088.jpg

e0022047_21482377.jpg


このバッグ先日コンテストの入賞の賞品でもらったもの
カメラを持たずに一寸お出かけのタウン用にもってこい
3月にいただいたばかりなのに
マジックテープが効かなくなって付け替えた
安もんだからしょうがないけど
一応BENETTONのタグが付いている

どうせ中国かそこらで作らせた
国内のOEM商品だとは思うが
あまり粗悪品を世に出すとブランドイメージがダウンする

マジックテープだけを取り換えようと針仕事
本来はアイロンで糊付けできるんだけど
素材がつるつるの化成品なので
接着できない可能性がある
だが針を進めるうちに材質が固いので手が痛い

そこでカミさんに指ぬきを借りようと尋ねたら
小さな箱を取り出して
ここに和裁の道具全部あるけど持って行きと言われた
指ぬきだけでエエと言ったらもう針仕事はしないから持って行ってと・・
でも小さな繕い仕事はどないするんと尋ねると
もう針仕事は一切しないと言う

今はしていないが当時はお針子のプロだった
百貨店や呉服店の仕事を預かって縫っていた
でも織り目が見えなくなってもうでけんと止めた
趣味で若い時始めた和裁
浴衣を縫うことを地域の公民館に行って習ったのが初め

着物の需要そのものが減って
黒の織り目が見えなくなってやめてしまった
裁断したり運針したりの直線は
定規で引いた直線ではなくて
反物の織り目に沿って切ったり縫ったり

そんなプロも道具は要らんと言うから
何でも自分でせんとあかんなあ
今までもパンツ穴が開いたのを補修したり
デイバッグの肩ひもを付け直したリ
シートベルトの肩当パットを作ったり
見た目は不細工やけどやれば楽しい

今回もマジックテープ替えるだけで見事に蘇った




[PR]

by captain_spoc | 2017-05-25 22:23 | D.I.Y | Comments(2)
Commented by taropapa43 at 2017-05-26 11:32
和裁ねえ、亡き義母は和裁のプロでした
私の浴衣も縫って頂いたのを昨年ハワイでご披露しました
カウアイ島のカウアイシアターでウクレレチームのイベントで盆ダンスと踊りを全員浴衣でご披露しました
存命中も数度着と思いますが懐かしいですね

Commented by captain_spoc at 2017-05-27 00:04
> taropapa43さん
良かったですね
浴衣を縫っていただいて
もう着ることは無いんですか?
盆ダンスに着たら如何です?
名前
URL
削除用パスワード


<< この年で上手くなっていくのを実...      コアジサシダイブの集大成 >>