スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 05日

ボランティアで昔の遊びの社会勉強

e0022047_22423881.jpg

今日は地区の小学校で行われた社会勉強の一環で
昔の遊びというテーマでの勉強会を
小学一年生を対象に開催されたので参加してきました
当小学校の一年生160名くらいが体育館に集まって
けん玉。コマ回し、折り紙、あやとり、オジャミ、おはじき
を順番に体験していくというものです

先生役は私たち老人がそれぞれ実演して
体験したらスタンプを貰って全部経験するというイベントでした
私はけん玉担当になりできない子にコツをいろいろ伝授いたしました
ところが最近はけん玉も昔の遊びとは言えない
競技けん玉の大会が開かれ検定協会があるくらい人気があるので
中には習っている生徒もいて私よりはるかに上手に
大皿、小皿、中皿、けん先などに入れる子が居ました

ただ20人くらいが1グループでグループ単位で
次々に遊びに挑戦していくのですが
私がやり方を説明していても
話を聞かずに勝手にやったり
できる子は我先に先生見て見てと私に見せに来て
できない子を教えようとしても
上手くいかずに四苦八苦

ほんまに学校の先生は
気が長くなくては務まらんなあと思いました


[PR]

by captain_spoc | 2018-02-05 23:03 | 日常 | Comments(2)
Commented by hanarenge at 2018-02-06 19:30
おじゃみって何でしたっけ?
知ってるつもりでも知らないことは多いです

教えるということは難しいですね
わかっていても教えることって本当に難しいと思います
学校の先生は子供が好きでないと務まりませんね 
先生って天職だと思います
Commented by captain_spoc at 2018-02-06 22:43
> hanarengeさん
おじゃみって関西地方の言葉だと思うのですが
私の田舎ではお手玉と言っていました
学校の先生の教育に対する情熱は大抵やおまへんで
偉いと思います
名前
URL
削除用パスワード


<< 陽気に誘われて武庫川尻へ      万博の梅は未だですがとんだ獲物が >>