スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 28日

もうワンランク迫力有るシーンを求めて

e0022047_21585104.jpg
e0022047_21590355.jpg
e0022047_21592961.jpg


トップのコラージュは競馬流し撮りのシーン
上下2枚は同じレースの連写の中の一コマ
どちらを選ぶかの基準比較です

競走馬の脚を見てください
上段は脚が前後に広がって今から前脚の蹴りに入るところです
2枚目が前脚の蹴りが終わって後ろ脚を前に持って来て
これから後ろ脚の蹴りを入れる前です
どちらが迫力あるかの比較になります
私は下段の前脚の蹴りの後を採用します

この時はほぼ4脚とも跳んでいます
こちらの方が迫力あると私は思います
スポーツ紙のプロカメラマンが撮った写真も
良くこの前脚を伸ばしたショットが採用されていますが
私の感覚では前脚で蹴った方に軍配上げたい


2枚目のコラージュは騎手の姿勢です
競馬場の観客席の前ホームストレートを
スタート直後とゴール前の2回通過します
下段はスタート直後のシーン
まだ鞭入れには早く良い場所確保の
駆け引きの時なので騎手も腰を浮かせて
手綱を絞ってゆっくりと走らせています

上の段はゴール前のホームストレートのシーン
鞭が入り騎手も腰を落として空気抵抗を少なくして
人馬共に必死のシーンです
騎手の姿勢に現れます
やはりこちらの方が迫力は伝わります

3枚目は逆光の夕陽を背に受けたシーン
高速連写なので右前3頭の脚は空中に飛んでいます
私の好きなシーンです
こちらは光と影のコントラストを強調しました

もう何回も競馬シーンは撮りましたが
一寸の差を見つけてより良いシーンに
近づくよう工夫をしています
まず流し撮りに慣れて
より迫力あるシーンを目指して
回数を重ねることです




by captain_spoc | 2018-07-28 22:24 | スナップ | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 紺の夏用ジャケットを買いました      動きもんは流してみよう >>