人気ブログランキング |

スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2019年 06月 25日

動きもんの表現を考える

e0022047_21510284.jpg

e0022047_21512634.jpg
e0022047_21521397.jpg
e0022047_21523170.jpg
e0022047_21525078.jpg
宝塚カートレース場へ撮影に
大会があるのではなく各マシーンが
周回練習をしているシーンを撮影
流し撮りの練習をしました

1枚目と5枚目は1/20ss
3枚目と4枚目は1/10ss
比較のために2枚目に高速シャッターを1枚
1/2000ssで完全に止める

比較してみると高速での動きもんは
やはり流し撮り
それも被写体ブレが起きるくらいの低速
これが迫力が違うのがよくわかる

飛行機の流し撮りでもわかるが
一つの塊である被写体だが
このくらいの低速になると
何処かがぶれてしまう
被写体ブレかカメラブレ

背景が流れて被写体が止まっているのが
流し撮りの理想と言われるが
それも確かにきれいだが
被写体もぶれるのがより迫力が増すように思う

別に法則定理があるわけで無し
自分が納得すればそれがベスト




by captain_spoc | 2019-06-25 22:10 | スナップ | Comments(2)
Commented by hanarenge2 at 2019-06-26 02:01
迫力満点です
Commented by captain_spoc at 2019-06-26 22:50
> hanarenge2さん
ありがとうございます
名前
URL
削除用パスワード


<< 資源ごみ回収について考える      Canonのミラーレスフルサイ... >>