人気ブログランキング |

スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2020年 08月 10日

久しぶりのトンボ飛翔ショット

久しぶりのトンボ飛翔ショット_e0022047_23181333.jpg

最近トンボの飛翔を撮ってない
こんなもんは狙って撮れるもんでは無い
然し撮れるときは簡単に撮れる
色々好条件が重なれば撮って下さいと言うように
目の前に現れる

一番簡単なのがギンヤンマ
だから今までのトンボ飛翔のショットはギンヤンマが一番多い
これはギンヤンマが常に飛び回って
飛翔しながら餌を捕捉する

シオカラトンボなどは止まって待つ
上空に餌が飛来するとさっと飛び上がり
餌を捕捉して木などに止まって餌を食べる
だから跳んでいる時間が極端に短い

トンボの飛翔ショットで大事なことは
高速で精細に撮ること
産毛迄見えることが大事だ


# by captain_spoc | 2020-08-10 23:27 | トンボ飛翔special
2020年 08月 09日

スマホの自撮りでもカメラの露出の基本が習得できる

スマホの自撮りでもカメラの露出の基本が習得できる_e0022047_22575109.jpg

昼からテニスが有りましたがあまりの暑さに家でグダグダ
スマホを使って家撮りをやってみようと
一眼カメラとパソコンの画像処理を使わず
スマホだけで自撮りと画像処理を完結してみました

何時もなら三脚立ててミラーレスをセットして
スマホでwi-fiで飛ばして撮影しますが
大層な準備が面倒くさくて全部スマホで済ませました
スマホだけでもライティングと露出補正の基礎が勉強できます

スマホの自撮りでもカメラの露出の基本が習得できる_e0022047_22584104.jpg

撮影場所は物置にしている部屋を常時雨戸を閉めていますので真っ暗
扉を開けた状態が上のショットで窓の外光が間接照明で利用できます
この光の当たる場所に私が立って背景に光の当たらない壁を使います
カメラに映る中で人物が一番明るくなるようにセッティングします

スマホの自撮りでもカメラの露出の基本が習得できる_e0022047_22582662.jpg

HUAWEIのスマホカメラにはproモードが有るので
補正を-2.0まで落として撮影したのが上のショット
背景も映り込んでいますが私が一番明るい状態です

スマホの自撮りでもカメラの露出の基本が習得できる_e0022047_22580730.jpg

それホスマホの編集の綱目から明るさを暗くしていきます
そうすると一番明るい私だけが浮かび出て背景が黒く落ちます
さらにモノクロの綱目からモノクロの度合いを%を見ながら調整したのが
トップの画像です

スマホの自撮りでもカメラの露出の基本が習得できる_e0022047_22590117.jpg

スマホのギャラリーには逐一画像編集した結果が並んでいます
スマホだけでここまでできました

カメラの設定で露出をアンダーにして
それでも足りなければ画像処理ソフトで調整をして
背景を単純化すれば印象的なショットが撮れます

これならばスタジオが無くても
プロのモデルを頼まなくても
ポートレートの練習ができます
また露出の仕組みが分かると思います

写真は光と影
うまくコントロールできれば
他人とは違うレベルのショットが撮れます





# by captain_spoc | 2020-08-09 23:21 | レタッチ
2020年 08月 08日

オ卓ッキーなお店「ちゃぶ」は卓球用品の専門店

オ卓ッキーなお店「ちゃぶ」は卓球用品の専門店_e0022047_22461538.jpg

卓球のラケットラバーを張り替えてゆうに1年以上経つ
最近サーブの切れが悪くなり今日ラバーの張替えに行った
何時もの武庫の郷の卓球ショップ「ちゃぶ」でお願いした
ここは卓球専門店なので安心して頼める

よく総合スポーツショップで買う人が居るが
スポーツデポとかオーソリティーとか
何でもスポーツ用品はそろうが
店員さんはサラリーマンでそのスポーツの専門家ではない
初心者でよくわからない人は
小さなお店の店長さんに相談するのが一番良い

バドミントンのガット張りは
武庫之荘駅前のyouスポーツにお願いしている
テニス用品は立花駅前のアサヒスポーツ
ここの店長さんは昔私とテニスをしていた仲間
カメラはヨドバシには行かない
梅田フォトサービスに相談に行く

相手をしてくれる人はみな経営者で自分の店だ
責任を持って客の身になって対応してくれる
サラリーマン店員さんでは心もとない

私は何時も同じラバーをお願いしている
フォア面(黒)はTENERGY25
バック面(赤)はVEGA XIOM
攻撃型のラバーと言える

店長さん自ら貼り付けをしてくれた
私のラバーは経験者向きなので使いこなし難い
そこらへんは自分の卓球スタイルを言って選んでもらえば良い

良い道具は私の技術をカバーしてくれる





# by captain_spoc | 2020-08-08 23:08 | sports life
2020年 08月 07日

動きもんはやっぱり撮影していて楽しい

動きもんはやっぱり撮影していて楽しい_e0022047_23192299.jpg

無観客でも競馬は実施されている
だが場内に入れないのはつらい
動きもんは撮影が難しいが
難しければ難しいほど
上手く撮影できると満足感が高い

動きもんに慣れてくるとどのような瞬間が
一番迫力が出るか分かってくる
競馬なら騎手の姿勢と馬の本気度
ゴール前が一番迫力のあるショットが撮れる

そんなシーンの中でも重要視しているのが馬の脚
上のショットのように跳んでいるのが最高
そして蹄が土を後ろに蹴り上げている瞬間

脚が伸び切ったところはスポーツ紙の写真でよく見るが
私はその後の土を蹴り出している
4脚が飛んでいる瞬間が迫力あると思います

そんな瞬間を連続シャッターの中から選びだします





# by captain_spoc | 2020-08-07 23:31 | スナップ