スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ネコ( 42 )


2019年 02月 13日

祖にして野だが卑ではない

e0022047_21245032.jpg

春節祭の撮影の後は反省会
中華系ベトナム料理の名店鴻華苑本店
何時もは下山手店に行くのだが
今年は本店の方で予約した

ビールと紹興酒とウーロン茶で乾杯
前菜から始まって名物蒸し春巻き
野菜炒めにひき肉レタス巻き
締めの焼きビーフンまで
怒涛のコース料理でした

価格はコース料理で3,000円から4,000円、5000円~各種
私たちは一番安いこの3,000円のコースでしたが
お話をしながらアルコールを飲みながら
時間をかけて順番に出てくるので
腹いっぱいになるほどのボリューム

ここの本店はご両親がベトナムから渡ってきて
ご夫婦で始めたベトナム料理店
息子さん二人を育て上げて
長男は下山手店に暖簾分け
本店は次男がオーナーで父親は調理場

異国の日本に来て大変であったろうが
立派に親の務めを成し遂げた
何時もは長男の下山手店に行くのだが
今回は親父さんの料理を味わってみたいと
本店に予約しました

やっぱり親父さんの腕は確かなもの
次男は母親とともにフロア担当
兄弟の顔は母親似でよく似ている
ここでタイトルの話だが

祖にして野だが卑ではない

同じような文字を使うが意味は全然違う比喩
そんな簡潔な言葉を吐いた男が居たらしい
粗野ではあるが野卑ではない
この言い方を借りるならば
母親の接客態度がまさにこれ

不愛想だが不親切ではない

まだ日本語に訛りの残る母親
必死で二人で生き抜いてきた親父さんとおかみさん
料理の味が良いなら
そんなことは気にならない
次男もそのうちに調理場に立つのだろう

全然知らない家族だが
私たちに食で満足感を与えてくれる
本店、支店ともまた訪れたくなる店だ

以上私の想像で書きましたので
真実は定かではありません



by captain_spoc | 2019-02-13 22:07 | ネコ | Comments(0)
2018年 10月 31日

人生いろいろありまして猫にも事情があります

e0022047_21003855.jpg

我が家の向こう3軒左隣の杉山さん
体育館の帰りに猫ちゃんが覗いていた
あら可愛いと見ていたら
後ろからもう一匹真っ黒が顔を出した
私をじっと見ている

どちらも耳がカットされているが
首輪に鈴までついている
ここはノラが自由に出入りできるように
何時も入り口が開いていると聞いていたが
家猫になったようだ

そこら辺を事情通のかみさんに聞いたら
この2匹は姉妹でノラを家猫にしたらしい
ご高齢の奥様の独り暮らし
ご家族は遠いのでペットとの共同生活も
お互いに良い関係で良いですね

我が家ではペットがいなくなって久しい
ご近所のそんな話になんかほっとする




by captain_spoc | 2018-10-31 21:23 | ネコ | Comments(2)
2018年 05月 16日

カスミ皇子が旅立ちました

e0022047_21143225.jpg

e0022047_23035720.jpg

e0022047_21501429.jpg


カスミ皇子が今朝旅立ちました
鳴くこともなく暴れることもなく
眠るように静かに亡くなりました
愛情を注いだかみさんの横で眠りました

我が家に来て最初のショットが一枚目
データを見ると2006年7月24日
思い違いしていましたが12歳でした
2枚目は先月撮影した最後のショット

今日火葬場で簡単な葬儀をしてお別れをしました
祭壇に私のナデシコを切り花にしてお供えしました
やはり二人で涙しました
二人とももう年なのでペットは飼えません
寂しいです

山奥に捨てられていた捨て猫でした
撮影に山に分け入った私が見つけました
私と会わなければ蛇かイタチかカラスにやられていたでしょう
運命の出会いでした

紀州犬のフブキ、ヒマラヤンのコユキ
ゴールデンレトリバーのヒロ
姉の猫シグレ
みんな天国で会えたらええねんけどなあ




by captain_spoc | 2018-05-16 21:52 | ネコ | Comments(6)
2018年 05月 08日

かすみお坊ちゃまが体調不良か?

e0022047_23035720.jpg

我が家の王子かすみお坊ちゃまです
卓球の佳純ちゃんは女子で頑張りました
我が家のかすみちゃんはオスです
最近ちょっと体調が悪いのか変です

ナーゴナーゴと盛りのような鳴き方で
元気がありません
去勢しているので盛りはそんなに強く出ないのですが
最近は食が細くなっています

ここ2~3日は餌を食べるようになって
大分元気を取り戻しましたが
私の部屋で寝てばかりです
そんなことは今までなかったことです

食が細って大分痩せました
今までは食べ過ぎでメタボでしたが
背骨が当たるようになりました
まだ8歳ですから早く元気になって欲しい



by captain_spoc | 2018-05-08 23:14 | ネコ | Comments(0)
2017年 11月 21日

ダーウィンが来たを見入るカスミ

e0022047_22491522.jpg

九州の猫の島の特集
ダーウィンが来たを
カスミがじっと見ています

主人公のコムギとはえらい違いで
ガラはでかいのにあかんたれで
外に脱走した時に
小さい体の黒猫にかみつかれました

かみさんは怪我して帰ってきたカスミを見て
負けて帰って来たんかと
発破をかけていました

とてもこんな野良の世界では
もう生きていけないことと思います
餌も探しきれないでしょう
我が家のペットで居た方が
餌も寒さも問題なく暮らせます




by captain_spoc | 2017-11-21 22:55 | ネコ | Comments(0)
2017年 10月 09日

頭を撫でられて目を細めて喜ぶ猫

e0022047_23175973.jpg

我が家のカスミ皇子です
かみさんに甘えて育てられたので
気に入らなければかみさんを噛みつきます
何回も外科で治療を受けています
先日も何が気に入らないのか
(多分夜中に餌が切れていた)
突然かみさんの腕にかみつきました

その時はにゃーにゃーと文句言うように強く鳴きます
そしてガブっ
ところが私には手を出したら追いかけ回して怒るので
決して噛みつきません
それどころか私に頭を撫でろと寄って来ます
頭を指で撫でてやると
笑顔になります

これは嘘です
じっとして撫でられるのを喜んでいるのは事実ですが
目は細めません
これは画像処理で笑ったように処理をいたしました
そらそうやこんな笑う猫おらんで



by captain_spoc | 2017-10-09 23:27 | ネコ | Comments(2)
2016年 09月 17日

地域猫の中に地域狸まで参入し空港は大騒ぎ

e0022047_23084939.jpg

野生の狸である
野生と断らなくても狸はほぼ野生
アライグマが輸入されて捨てられたケースがあり
ペットが野生化した例はある

毎月恒例の餌やりおばさんに
キャットフードを届けたら
狸が居てるでと言ってくれた
そーっと近づくと居る居る2頭

おばさんがやるキャットフードを食べている
この辺りは地域猫認定の希少な場所
そこへ狸が出没して
地域狸の申請かと・・・そんなあほな
持っていたスマホで画像ゲット



by captain_spoc | 2016-09-17 23:13 | ネコ | Comments(0)
2016年 05月 27日

君は野良ではない立派な地域猫だ

e0022047_22572065.jpg


e0022047_22572947.jpg


今月もまた外猫さんへ餌を持ちこんだ
新しい捨て猫も居なくて
数は増えていないそうだ

伊丹の下河原公園では
地域猫の活動が認められて
いじめに来るおじさんも居なくなったらしい
虐待もない平和な人間と猫の
共存の世界が実現できれば良いのだが






by captain_spoc | 2016-05-27 23:05 | ネコ | Comments(2)
2016年 03月 21日

シグレちゃんの一周忌にお参りに行きました

e0022047_23144974.jpg

昨日はお彼岸だったので
我が家のご先祖様のお参りに行きました
今日は猫のシグレの一周忌と言うことで
ちょっと早かったのですが
猪名川動物霊園にお参りに行きました

お花をお供えして
線香をあげて
夫婦二人して在りし日のかわいい姿を忍びました
これでなんか気持ちがホッとしました

その亡くなる前の年には
長寿猫で表彰もされました




by captain_spoc | 2016-03-21 23:21 | ネコ | Comments(0)
2016年 03月 07日

地域猫活動が市に認めてもらえました

e0022047_22172401.jpg

空港の公園の餌やりおばさんへ
何時もの支援物資の猫の餌3袋を持って行きました
そこへ若い女性が訪ねてきて
尼崎で地域猫のボランティアをしている
ここの公園のように市に認めてもらえるには
どうしたらいいのかと相談に来た

私もどういう事か趣旨が呑み込めていなかったが
トップの写真のように地域猫活動の広報看板が立っていた
おばちゃんに聞くと1週間ほど前に
市の職員が立てていったそうだ

相変わらず奥の方には猫に餌をやらないでくださいの
看板は立ったまんまだが
おばちゃんの避妊の手術や
餌やり及び後片付けなどの責任ある行動が認められて
地域猫に認めてもらったらしい

罰金も書いてあるがどれほどの
法的効果があるかは疑問だが
それでも捨て猫や虐待の行使には
少しは抑制の効果があるかも知れない

大体において市が猫の餌をやらないでください
ご近所の迷惑になります.....との看板があちこちに散見するが
そんな看板揚げるくらいなら「猫を捨てないでください」と書くべきだろう
捨てられた猫に何の責任もないのに
餓死をせえと言うのは酷で誰かが面倒見なくてはいけない
市がしないのならおばちゃんが世話しているのに
感謝こそすれ文句を言うことはないだろう

諸悪の根源は猫を捨てる奴だ
またそれに輪をかけて虐待する奴
おばちゃんはポケットマネーで避妊手術を受けさせている
何の補助もないのにボランティアだ

ちゃんと毎日雨が降ろうが雪が降ろうが
欠かさずやってきて
病気になった猫には薬を飲ませて
避妊の手術に病院に連れて行って
帰るときにはちゃんと後片付けをしている
頭が下がるよ

わずかの支援ですが
カリカリの餌を毎月届けることくらいしかできないが
是非おばちゃんに頑張ってほしいし
何らかの支援を差し伸べて欲しい



by captain_spoc | 2016-03-07 22:40 | ネコ | Comments(2)