スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 30日

ラケットの張替えなんて半世紀振りやで

卓球を始めるに当たって
ラケットとラバーを買いました
ブロ友から頂いた赤いラバーをフォア側に
黒いラバーはバック側に貼りました

最初の貼るに当たって接着剤は粘着テープではりました
これが良くなくて最近ペラペラと剥がれそうになりました
そこで思い切って張り替えることにしました

e0022047_23243492.jpg


先ず最初は静かに剥がしにかかりました
剥がして判ったことはラケットの木製部分が
接着力が弱くラバー側はしっかり接着していました
そこでその粘着テープをラバーから剥がします

e0022047_23273277.jpg


次にラバーとラケット木部に接着剤を塗布して
添付のスポンジで薄く満遍なく広げて
乾くのを待ちます
約10分くらいで貼り付けました
接着力はテープとは比べ物にならないくらい強力でした

e0022047_2330087.jpg


見事両面貼り付け終了です
新規の貼り付けならば四角いラバーを貼り付けて
はみ出した部分を鋏で切り取りますが
今回はもうラケットの大きさに切り取ったラバーを貼り付けるので
ずれて貼ってしまうとアウトです

写真のごとく一寸ずれましたが
まあまあの出来でした
確か中学の時以来だと思います
これで心置きなくラケットを振れます^^

[PR]

by captain_spoc | 2013-01-30 23:37 | sports life | Comments(0)
2013年 01月 24日

初認の鳥は1羽で充分なのにウジャウジャと・・

ひねくれ者約1羽
e0022047_23201493.jpg


ヒレンジャクの悪相
e0022047_23554460.jpg


誇り高く
e0022047_23242955.jpg


餌争奪戦
e0022047_23494042.jpg


昨日の夜遅くに携帯が鳴る
深夜にごめんと写友からだが俺は未だ宵の口
ヒレンジャクが来ているとの情報を頂いた
こいつは未だ遭遇したこともなく
以前に千里の北公園に来ているとの情報で
飛んで行ったがもう去った後でした

前のこともあるので今日早朝から突撃の約束
期待からか朝暗いうちから目が覚めた
写友と合流して原着すれば
居るは居るはウジャウジャと・・・
カメラマンも負けずにウジャウジャと・・・

カメラマンが一杯で一体何事ですかと
傍のマンションに住んでいるという奥様が聞いてきた
渡り鳥のヒレンジャクが来ているんですと
持っていた双眼鏡を渡すと
なるほど珍しいと納得

私が今までで見た鳥の数はもう200種以上になりますが
これくらいになると初認(初めて見る)の鳥は
珍しい部類に入る
遭遇しても1羽か2羽・・と思っていたら
こんなに沢山の鳥が初認なんて不思議な気がする

でも渡り鳥で餌の木の実を食べながら移動するなら
なかなか遭えないこともある
尾羽の先が綺麗なピンク
と言うより名前からヒレンジャクなので緋色と言うべきか
良く似た色・形の鳥でこの赤い部分が黄色の鳥も居る
これはキレンジャクと言うがこの中に紛れて1羽居た

連写連写で撃ちまくったので
1200枚ほど撮っていた
捨て難いショットもあるので
後もう少しお付き合いいただいて
アップする積りです

[PR]

by captain_spoc | 2013-01-24 23:53 | 野鳥 | Comments(2)
2013年 01月 24日

こっ恥ずかしやミニライブの動画

去年の暮れに開かれた
年忘れブログ仲間の写真展でミニライブを開くと
宣言していましたがDVDが出来上がりました
しかし私の動画編集ソフト(Sony Pixela Image Mixer)が上手く働かず
ブロ友のYoshiさんがアップしているYoutubeから
拝借して此処にアップいたします



演奏曲目は
花(花は流れて何処何処いくの・・)
真夜中のギター
白い色は恋人の色
しかられて
北国の春
愛燦燦(小椋佳バージョン)
他にフラダンス付きのハワイアン数曲

私も皆さんもアルコールが適当に廻っていたので
エエ加減な演奏でしたが
みなさん大いに楽しんでいただいたようです

[PR]

by captain_spoc | 2013-01-24 00:12 | 日常 | Comments(12)
2013年 01月 19日

東京ドームじゃ無いんです

e0022047_2341037.jpg

e0022047_2341894.jpg

東京ドームじゃ無いんです
じゃあ一体なんですか
トンボの複眼です
こんだけトンボは眼を持っているんです
一体どんな風に見えるのでしょう
不思議ですね~

これは顕微鏡マクロレンズで撮りました
我が命名がニャロメ3号
魚露目8号は市販されています
このスーパーマクロも市販されていますが
商品名は記号なので私が和名をつけました

勿論このトンボは生きていますよ
近づくのに失敗すれば逃げてしまいます
接着剤で止めても居ません
ゆっくりゆっくり近づいて
レンズ前3cmくらいに近づいています

ところがこのマクロはとても被写界深度が浅い
だから絞れる限界のf22まで絞っても
トンボの眼の端まではピントが合わない
AFは効かないのでマニュアルで近づけていきます

最初はAFで試みたらピンが合わずに
ジーコジーコし出して被写体のトンボにレンズが当たって
逃がしてしまいました
苦労の多いレンズですが
使い慣れてくると不思議な世界が垣間見られて
とても面白いレンズです

[PR]

by captain_spoc | 2013-01-19 23:57 | 昆虫 | Comments(8)
2013年 01月 19日

年をとると涙もろくなるってホンマやで

e0022047_23211681.jpg

昆陽池のコサギです
一羽だけで悠然と目の前を飛んでいきました
12月24日に撮影したのを蔵出しです
exifデータを見てみると

絞り優先Aモード
絞り開放
iso400

大体木の枝にいる鳥を撮るときの設定です
これでぶらぶらと鳥を探しながら歩いているときに
大型の鳥が突然飛んできたときは
これで撮影いたします
空がバックだったのでss1/3200になっています

飛ぶ鳥を止めて写すときはこれでいいのですが
流し撮りをしたいときが困ります
本来はSモード(シャッター速度優先)に換えて
ssを低く設定するのですが
突然遭遇したときはAモードからSモードへ切り替えるのに
OLYMPUSは左手も操作に必要なので瞬時には出来ません

そのときは非常手段でジョグダイアルで
Aモードのまま思い切り絞り込みます
すると必然的にssは遅くなります
(これはファインダーを覗きながら右手で出来ます)
でもこれでは背景の明るさにssがつられて動きます
しかし一応は流し撮りは撮れます

やはり被写体を決めて高速か流し撮りかを決めて
撮影したほうが成功確立は高くなります


*****年をとったら涙腺が緩みます*****

話変わって本日のタイトル
私は最近とみに涙もろくなりました
先日も神戸震災の遺族の方が
追悼式にお出になって涙ながらにカメラに話していました
食事しながらニュースを見て
こちらももらい泣きをしてしまいました

これは身体的機能の涙腺が緩くなったのではなく
涙腺をコントロールする精神の働きだと思うのです
感受性が強くなったと言うことです
同級生の女性が言いました
男性は企業戦士から人間らしい生き方ができる人間になったんやと・・・

若いときは仕事に夢中で
家族を養って生きてきて毎日の生活に追われ
自然の美しさや人情の機微まで感じることが鈍感でした
それが年齢と共に生活の重心が家庭に向き
周りの自然の美しさ季節の移ろいまで感じるようになりました

一度冬の宝塚の奥の西谷地区を自動車で走行中に
前日の雪で薄っすらと木々が白くなり
風で枝に雪がへばりついて
まるで銀細工のような木が並んでいる風景に出会いました
このとき生まれて初めて風景に感動して涙をこぼしました

それは母の介護を頼んでいる施設に行く途中でしたので
母がめぐり合わせてくれたんだと思い
独りで運転していましたので思い切りポロポロ泣きました
良く銀世界と言いますが
積もった白い雪ではなくて木の枝に雪が吹き付けられて
まるで銀細工に見える世界こそ
これが銀世界と言う語源かと思いました

先日も友人が「レ・ミゼラブル」のラストで涙が出て
一緒に見ていたカミサマに笑われたとブログに書いてありました
彼の気持ちが良くわかります
それは感受性が強くなった証拠だと思います
何もおかしいことでも恥ずべきことでもありません
男だって感動すればどんどん泣けばいいと思います

感動する心に男も女もありません
感情を素直な気持ちで表現できる人間は
エエ奴だと思います
チャイマッカ??

[PR]

by captain_spoc | 2013-01-19 01:05 | 野鳥 | Comments(4)
2013年 01月 17日

セールで探してもエエのは有りまへん

e0022047_22591881.jpg

ジーンズは黒と茶色を
交互に着倒して着たきりスズメ状態
カーゴ3本とチノパン2本は有るんですけど
気に入ったものを直ぐチョイスする

もう年代物のように薄くなり穴が開きそう
それもまた味の一つだが
時期的にセールでエエのんが有ればと
店を覗いてみた

デザイン、色、着心地を色々試してみたが
やはりセール品ではエエのんが有りませんでした
セール除外品からデザイン、色、サイズとも
今お気に入りの黒と同じでダメージを注文

ついでにネルのシャツをセールで・・・
黒にあわせやすい赤でもない濃いピンク?
この冬はもうこれで買い納めだろう

[PR]

by captain_spoc | 2013-01-17 23:30 | fashion&selfy | Comments(0)
2013年 01月 16日

毎度の白鳥の飛翔を撮影に

e0022047_23281030.jpg

e0022047_23284092.jpg

午後から天気が良くなったので
白鳥の飛翔を撮りに行こうと思いつき
写友を誘って高速道路を飛ばす
白鳥は風下から風上へ跳び上がる
これは飛行機と一緒だ

だが今日は風が無風か舞って居るのか
どちらへ飛び出すか判らない
先着の皆さんが並んでいるところへ
並ばせてもらったが飛び上がったのは逆方向

最後の集団が飛びあがる前に場所を変えて
横から撮影できたが
その前に飛び上がった集団はお尻ばかり写してしまった

前回は暗いにもかかわらず1/1000を堅持
お陰でisoは1600まで上がった
今回は羽を少しぶらせて撮ろうと思い
流し撮りの1/30~1/40で狙ってみた

背景は流れているし羽もぶれている
だがイメージとはちょっと違う絵になった
春までに色々試してみたい

[PR]

by captain_spoc | 2013-01-16 23:41 | 野鳥 | Comments(2)
2013年 01月 13日

女性は何故に粉モンが好きなのか

e0022047_22372769.jpg

e0022047_22382415.jpg

e0022047_22384912.jpg

今日は朝から天候は不順で太陽が顔を出さない
こんな日は撮影に出かける気が起こらない
ならばとカミサンを乗せて買い物に・・・
出かけたついでに昼食を食べる

私の作る昼食のレパートリーが少なく
冷凍物の買い置きが底をついていた
それも買い物に出かけるきっかけの一つ
今日はイズミヤの近くのお好み焼き屋
駐車場も大きく客席も多そうな大型店

こんな店のお好み焼きは美味しくないとカミサンは言う
チェーン展開している大型店のお好み焼きは当たり外れがある
個人でやっている店が美味しいとカミサンは信じている
ところがそんな店には駐車場がない
駄目で元々とその大型の初のお店に入っていった

女性は概して粉モンが好きだ
だからカミサンはお好み焼きで私は焼きソバを頼むのが常だ
でも今日は二人でブタ玉を食べてみた
美味しいヤンか
カミサンもフックラして美味しいと言う
これから昼食に困ったら此処に来よう

でもって昼食用の冷凍モンを沢山仕入れてきた
うどんにちゃんぽんピラフなどなど
男料理の簡単食材はがっちり仕入れた
夜はカミサンに作ってもらうので何がエエか聞かれた
私の好きな牡蠣のクラムチャウダーを所望
それだけではおかずにならないだろうと言うので
鳥のから揚げも
それ用の材料も買って帰った

これだけ有ればビールの当てに充分
カミサンの作るクラムチャウダーは絶品
今日は食後の珈琲まで点ててくれた
何時もはしんどいと言って食後の珈琲と
食事の後片付けは結局薬局私にお鉢が廻ってくるのに
ごろんとテレビを見て楽させてもらった

ところで写真の話
これは11日の金曜日に撮影した
近所の伊丹市緑ヶ丘公園の鳥たち
街中の公園なので珍しい鳥は居なかった
トップはカワウの写真
あまり人気のない鳥だが空がとても青かったので一枚
2枚目はヒガラ
3枚目はカイツブリ

私が鳥を撮影に行くのは街中の公園が主
此処緑ヶ丘公園、昆陽池、服部緑地
海釣り公園、甲山森林公園など
時間を見ながら行き先を選択する
珍しい鳥にはなかなか遭えないけど
鳥を見ているととても楽しい

[PR]

by captain_spoc | 2013-01-13 23:23 | 野鳥 | Comments(4)
2013年 01月 12日

野鳥を広角レンズで接写しました

e0022047_22302031.jpg

e0022047_22304860.jpg

e0022047_223138.jpg

今日は午後から買い物があり
そのついでに約1時間ほど昆陽池に撮影に行った
買い物は正月以来売り切れが続いている
丸ちゃん正麺のラーメンが
近所のミニスーパーで売っているという情報を貰って
出かけてみた

あったあった結構数量そろえている
塩と醤油の味を二袋買った
乾燥麺はこの丸ちゃん正麺がお気に入り
後は冷凍のチャンポンだ
毎日の昼のメニューに困ってしまう
先日も親子丼を作ってあげた
勿論ちょっと丼の出汁で作るのだ
まあまあの出来で美味いと言ってくれた

撮影のほうは今日は土曜日なので
昆陽池にも沢山の入場者が来てるはず
すると子供連れはユリカモメに餌をやる
それを狙ってユリカモメもかなり近くまで近寄って飛ぶ

そこを広角でノーファインダーにして
連写で撮りまくる
9mmの超広角なので
近くで無いと小さく豆粒みたいに写ってしまう
ぶつかりそうになるくらい近づけて撮影した

[PR]

by captain_spoc | 2013-01-12 22:47 | 野鳥 | Comments(10)
2013年 01月 11日

日本画風に写真を撮りたい

e0022047_21351782.jpg

私は日本画が好きです
特に琳派と称される俵屋宗達や尾形光琳が好みです
だからシュールレアリズムのような画風はわかりません
できれば写真でそのような日本画風な表現をしたいと思っています

昨日の記事の白鳥の飛翔の1枚目は
黒い漆塗りの漆器に螺鈿細工を施したような
そんな雰囲気を表現したく露出を抑えました

撮影現場で当初のイメージはスローシャッターの流し撮りを考えていました
時間の経過と共にあたりが暗くなり
山陰に入る飛行コースを考えて
ハイスピードで写して背景を黒く落とす
そんな作戦を立てました

前回の白鳥の飛翔を撮影に行ったとき
写友が露光不足で背景が黒くなったのを見てとても雰囲気が良く
これを逆手にとって意図的に露光不足を作ってみようと考えました
試しに山陰の位置で露出を見ると
絞り開放の値が点滅していたので露光不足は確認済みだったのですが
程度がわかりませんでした

出来上がった写真は中途半端に背景が写っていました
マイナス補正を大きく設定していたのですが
画像処理でも補正を落として黒くいたしました

そんな意図で絵のような写真を試みたのですが
今日は以前に撮ったコウノトリを切り抜いて
掛け軸風に画像処理をしてみました
上の部分に和歌か俳句を入れればもっとそれらしくなりそうです

背景は菖蒲の花のボケを利用して
東京スカイツリーの雅の色エンジを使って
日本画の心を表現してみました
遊び心での作品と言うより習作です


*****タイトル背景について*****

exblogには自分の写真をタイトルに使えるスキンが何種類かあります
色々各種カスタマイズできるスキンを試しましたが
帯に短したすきに長しで上手く行きません
そこで以前から使っているTwo Colorsをカスタマイズすることを考えました

今週のタイトル写真は六甲山に沈む夕陽を大きく望遠で撮影したものです
これはソースを解読しながら試してみての結果です
これが上手く行くことが判って毎週違ったタイトル写真を挿入して
楽しんでおります

これも以前にホームページを作ったタグ打ちの経験を利用しました
メニュー欄にはベストショット集や入選作品集の
スライドショウを貼り付けました
blogをカスタマイズすると言うことも
楽しみの一つであります

[PR]

by captain_spoc | 2013-01-11 22:30 | レタッチ | Comments(6)