スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 28日

皆で楽しくイタリアン・ランチ

e0022047_2355483.jpg

ランチを皆で食べようと友人からお誘い
PIZZERIA CAROLEと言うイタリアン
ピッザとパスタのお店です
アージャコージャ・ナンジャモンジャと話をしながら
頂くランチは大変美味しい

左上は店の構え
上の中は前菜
上の右はpizza丸刈りーたじゃなくマルゲリータ
中の左はツナコーンビアンカ
中の右はナポレターナ
下の左は蛍イカと菜の花のスパゲッティ
下右は締めのコーヒー

普段はあまり食べたことがないpizzaとスパゲッティー
お話しながら食べると食も進む
人生で初だろうピザをこんなに沢山食べたのは・・
何時もは一切れやっと食べるくらいだからよっぽど美味しかったんだ
イタリア人は毎日こんなものを食っとるんかいな

[PR]

by captain_spoc | 2013-02-28 00:19 | 日常 | Comments(6)
2013年 02月 21日

ドーム型建築物は構造が面白い

e0022047_2222319.jpg

e0022047_2242089.jpg

e0022047_2244521.jpg

大阪湾の海の中に浮かんでいる
なにわ海の時空館へ入るには海底トンネルを通ってはいる
それが昨日の青いパイプの通路だ
天井にはガラスがはめ込まれていて
海底の様子が見ることが出来る
と言っても魚が居るわけでなし
ただの海の底だ

トンネルを抜けると本館になっている
4階までエレベーターに乗って上から順番に見て降りる
そこには江戸時代のものだろうか
実物大の廻船の模型が置かれている
実際のところ展示物より建物の構造がとても面白い

だから展示物を見るより
柱の構造や透明の壁から見える夕陽を
写すほうに時間を割いた

[PR]

by captain_spoc | 2013-02-21 22:16 | スナップ | Comments(4)
2013年 02月 21日

壮大な無駄の「なにわの海の時空館」へ行きました

e0022047_0182156.jpg

e0022047_0183819.jpg

写友から情報を頂いたなにわの海の時空館
大阪の海に関する博物館
あの猛烈市長から槍玉に上げられ
この3月10日で閉館との事

ホームページでチェックすると
建物が一風変わった建築物
これは閉館前に行っておかなくてはと出かけてみた
確かに立派な建物だが
展示品はナンチュウ事無い平凡なもの
もっぱら建物・建築物を撮影してみた

私が行った時間には客は約7~8人
これにシースルーの4階までのエレベーターが3台
3台とも運転中
民間やったら2台くらいは休止して1台運転にするやろう

ものすごい金をかけていながら
全く無駄な箱物行政の姿を見る思いでした
でもでもでも・・・
フォトグラファーにはとてもフォトジェニックな建築物
閉館前にもう一度行ってみるつもりだ
面白い写真が撮れそうな気がする
今回の訪問記をシリーズでアップする予定

本日は私のセルフポートで幕開きです(バクワラ)

[PR]

by captain_spoc | 2013-02-21 00:33 | fashion&selfy | Comments(4)
2013年 02月 15日

君は看板を無視するのかい?

e0022047_0105731.jpg


千里に住む写友を誘って久しぶりに二人で鳥を撮りに行った
下見を兼ねてあちこち廻ったが
撮影できるような鳥には出会わなかった
千里にも公園が沢山あり渡り鳥がわたってくる

今日の一枚はアオサギ君
看板の意味がわかっているのか判らないのか
池の中で遊んで魚を盗っている
その看板の上に止まって平気な顔

今日もまたマイフェバリットのシンガー
hitomiちゃんの歌を一曲



[PR]

by captain_spoc | 2013-02-15 00:21 | 野鳥 | Comments(2)
2013年 02月 13日

箱物政策の一端を垣間見ました

e0022047_2314188.jpg

e0022047_2314482.jpg

ここは某市の市立博物館
立派な建物です
近隣の市でもこれだけ立派な博物館は持っていないでしょう

だが入れ物は立派でも常設展示物は貧弱
他に特別展示会もあるようには見えない
またアクセスが不便なところに立てられている
観客が尋ねてくるような気配もない

維持費だけでも大変であろう
中を覗いてみたがエレベーターがある
乗り込むと運転中である
誰が乗るのだろう
節電で止めても誰も不便を感じないだろう

その市の歴史的物品の展示は必要であるが
それにしても建物が立派過ぎると言う実感でした

[PR]

by captain_spoc | 2013-02-13 23:34 | 街撮り | Comments(6)
2013年 02月 13日

春告げ花が咲きました

e0022047_0353449.jpg

我が家の春告げ花はこのクリスマスローズ
毎年新年の一番最初に花をつける
寒々とした艦長室のベランダにひっそりと咲いている
これからは色々な花が
賑々しく色とりどりに咲いてくれる事だろう
楽しみではある

*****今日は卓球の練習日*****

スポーツジムで卓球のスクールへ行きだして
今回で6週目
約1時間15分のレッスンだけど
ぜーぜーと息が上がる
小さな球で軽いラケットで狭い台の上なのに
ものすごい運動量だ

その後でスィミングも15分ほど泳いだ
帰りにはドライサウナと露天風呂、ジャグジーも入って
マッサージチェアにて肩を揉んでほぐしてもらう
最近右腕が首の角度によっては
びりびりと痺れる

アッチャコッチャに具合の悪いとjころが
沢山出てきた
もう歳やと言うコッチャ

[PR]

by captain_spoc | 2013-02-13 00:40 | | Comments(4)
2013年 02月 11日

天地創造

e0022047_22164965.jpg

未だ残暑が厳しい昨年の9月の撮影です
旧約聖書に出てくる天地創造のような雲の様子
OLYMPUSのドラマチックトーンで撮影です

雲の表現に特徴があります
ルネサンス時代の宗教画に出てきそうな雰囲気です
これこそノートリミング・ノーレタッチです
風景写真ならば画像処理も必要無いくらい
ゆっくりと画角と露出を調整できます

[PR]

by captain_spoc | 2013-02-11 22:12 | スナップ | Comments(4)
2013年 02月 11日

掛け軸製作の画像処理手順

今回の掛け軸プロジェクトの手順をアップしたいと思います
事の始まりは豊岡のコウノトリの郷公園で
コウノトリの飛翔を撮影いたしました
e0022047_23122864.jpg




この写真からコウノトリだけを切り出して使いました
e0022047_23154873.jpg

この作業が一番大変でした
とても根気のいる仕事で数日に分けて作業いたしました
此処でペンタブレットが威力を発揮しました



e0022047_232171.jpg

背景は菖蒲の花びらをアウトフォーカスにしてぼかして撮影したものを利用
自然界の色を利用しましたので微妙なグラデーションが表現できました




e0022047_23243392.jpg

その背景を縦長にして掛け軸風にコウノトリを貼り付けました





e0022047_2329154.jpg

これが書家の尚華様が書いていただいた原画です
スキャナーでデータ化する為に半紙をA4の大きさにして
書いていただきました
落款も別の紙に押印したものを頂きスキャンしました





e0022047_23333842.jpg

フォトショップの処理画面に掛け軸の原画と
書のスキャンした原画に落款も同じ画面にダウンロードいたいます
背景の紫は書の文字が浮き立たせる為に
明るくなるようにライティングのレベル補正で明るく調整いたしました
その背景の上に書を重ねます




e0022047_2344088.jpg

この書をサイズ変更の拡大縮小機能を使って
大きさを調整し任意の場所に持って行きます




e0022047_2348623.jpg

しかしご覧のように書の背景が白くなっていますので
書のレイヤーを乗算にするとあら不思議白色が透過しました
ここで透過させる方法がわからずfantasiaさんにアドバイスを頂いたのです





e0022047_23503845.jpg

最後に落款を3箇所貼り付けて
同じく乗算で背景の白色を透過しました




これで掛け軸の完成となります
e0022047_2355548.jpg

今迄で一番手の掛かった画像処理だったと思います
しかしこんなに楽しく処理をしたのも初めてでした

[PR]

by captain_spoc | 2013-02-11 00:06 | レタッチ | Comments(4)
2013年 02月 09日

文筆家と書道家とイラストレーターと写真家が・・

鸛紫雲飛翔之圖(こうのとりしうんひしょうのず)完成形
e0022047_2251746.jpg


構想1ヶ月製作1時間の超大作
そんな大層な話ではありません
私がお遊びで作ったコウノトリの掛け軸バージョン
これに和歌でも入れればもっともらしい絵になると以前に書きました

これに呼応していただいたのがkisyusumaileさん
「飛翔する 空の王者に 希望乗せ 未来を映さん 世界を眼下に」
と詠んでいただきました
まさに悠々と飛翔するコウノトリのような雄大な和歌でした
先日お会いしてお話させていただきましたが
彼は某新聞社の記者で支局長になり今はリタイア
人品骨柄卑しからず素晴らしい品格のお持ちの方でした

これをパソコンのテキスト・フォントで書いても良かったのですが
友人に書道家が居ますので肉筆で書いてもらおうとお願いいたしました
和歌を書くには散らし方、万葉仮名など流派の決まりごとが多く
そんなに気安くかけないと流石のプロのこだわり
そこんとこを遊びで始まったプロジェクトですから
自己流で結構なのでとお願いいたしました
私のブログのメニューにあるvolunteer concertのyoutubeで
和服を着て川中みゆきを歌っている雅号 尚華さんがその書道家です

さっそくに水茎麗しい書が届きました
コウノトリとのバランスや散らし方を試行錯誤して
3枚目で納得のいく散らし方になりました
本日急いで重ね焼きをしましたが
つまずいたのが透過GIFのやり方

此処はその道のお方にアドバイスを貰おうと
デザイナーやイラストレータにフォトショの使い方をヘルプ
真っ先にアドバイスいただいたのがfantasiaさん
キーワードは乗算と言うやり方
私が昔やったのが文字以外は透過する市松模様のファイルの作り方でした
でも結果は一緒なので乗算で重ね焼き

落款まで押してそれらしく掛け軸風になりました
背景の色味から私は狩野派というより琳派に近い絵だと自己満足
実物の掛け軸ではありませんが
ネット上で記者である文筆家と習字のお師匠さんの書道家
其れに昔はプロのイラストレータだったと言うfantasiaさん
写真家と言えるかどうか疑問ありの私スポックが
共同作業で出来上がった掛け軸です

写真とはひとりで写して現像するものなのに
今回は多方面の得意分野の力を合わせて
一つの写真が出来上がると言う
痛快な記念すべきプロジェクトでした

ご協力いただいた皆様本当にありがとうございました
こんなに立派な作品に仕上がって喜びもひとしおです

[PR]

by captain_spoc | 2013-02-09 22:58 | レタッチ | Comments(12)
2013年 02月 09日

黄昏の大阪を上から眺めると・・・

e0022047_23373292.jpg

中ノ島から船場道修町方面を見ています
大阪の中心街もかなり区画整理が出来ているのか
南北東西に直角に道は出来ています
だからこのショットは北から南を見ています

大阪は冬の時期は丁度川のほうへ日が沈みます
大阪湾が西南の方向へ開けていますので
そこへ流れ込む川は大体日が沈む方向へ流れています
東方向へ開けている東京湾とはそこんとこが違います


*****尼崎市のスポーツ振興事業*****

今日は市の武庫体育館へ行って卓球をしました
金曜日には卓球を市民に一般開放して
卓球台14台を使って沢山の方が練習していました
此処へは初めて来たのですが沢山の方が受付をしていました

ほぼ卓球台1台に4人が借りて1時間30分で1台400円です
なので今日は4人だったので100円払いました
尼崎市にはこんな体育館が市内に5箇所
市民総合グランドには野球場・サッカー場・テニスコート・体育館があります
その他私が通っているスポーツジムも市の事業団です

私が知らないだけで沢山の方が体育館や小学校の体育館を使って
安価な費用でスポーツを楽しんでいるんです
折角市民税を払っているのなら
安く利用しないテはありません

今日は面識のない方ばかりの4人でした
家のご近所だったご夫婦と(話をして近所と判りました)
もう独りやはり一人で参加された方で組みました
皆さんお上手で力任せに打ち込んでも
簡単に返ってくるのでとても楽しく練習になりました
e0022047_0133039.jpg

[PR]

by captain_spoc | 2013-02-09 00:15 | 街撮り | Comments(2)