スポック艦長のPhoto Diary

captnspoc.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 07日

Swans in the sunset

e0022047_204852.jpg

e0022047_20483340.jpg

e0022047_2049729.jpg

e0022047_20493329.jpg

e0022047_20495972.jpg

e0022047_20503348.jpg

e0022047_20505819.jpg

朝から寒い一日でした
色々と用事を済ませ
夕食までの僅かに残された時間
ボーッと過ごすのももったいない
車で10分の昆陽池に行った

この日は時間の関係で
飛翔のブレ写真だけを狙おうと
全くのお遊びモード
飛ぶ鳥以外は全く無視

しんしんと底冷えするし
飛ぶ鳥を待つとなると
希にしか飛ばないので収穫なし
もう後10分で帰ろうかという時に
突然背後でバッサバッサと羽音

振り向きざまカメラを構えると
なんと白鳥の離水場面
それもコブハクチョウの編隊飛行
もっとズームを退けば全体が写ったのに
そんな余裕なし
必死のパッチ

それに後で判ったことだが
コハクチョウ一羽とコブハクチョウの混群
1枚目2枚目の先頭を飛ぶのはコハクチョウだ
以前から一羽迷鳥が居ついていたが
飛ぶ姿を見たことが無い

きっと飛べない鳥だから居ついているのだと
勝手に想像していたがとんでもない
コハクチョウとコブハクチョウの
混群も珍しいが
これだけのコブハクチョウの編隊飛行も
初めて見た

お遊びモードは吹っ飛んで
途中からシャッタースピードを上げて
しっかり記録モードに変更
但しスタビを入れる余裕は最後まで無かった

最後に夕陽を背に受けて
飛び去っていたが
息をもつかせず連写打ちっぱなし
飛び去った後で大きな溜め息
多分息をするのも忘れていたと思う
そしてあまりの興奮と涙が出るほどの
美しさに圧倒された

お遊びモードにしては上2枚は狙いの
ブレ写真のかなりのレベルに行けたと自画自賛^^
もっと大きく流したかったが
ブレだけ狙いの場合
どうしてもシャッター速度を
安全サイドに考えて早めのssにしてしまう
突然表れる方が考える間もない急な
設定変更なので思い切ったことが出来るようだ

良く知り合いから鳥の写真を写していると言うと
根気良く長い間待っての
シャッターチャンスでしょうねと言われる
しかし自分ではそんな根気良く退屈に待った覚えは無い
だが今日の写真は
われながら良く根気良く待ったものだと
感心しきりだ

[PR]

# by captain_spoc | 2008-12-07 21:23 | 野鳥 | Comments(22)
2008年 12月 04日

女王の舞

e0022047_17305784.jpg

e0022047_17331070.jpg

e0022047_17333567.jpg

シラサギ類がプリンセスなら
白鳥類はクィーンだ
この辺りではオオハクチョウは拝めないので
白鳥と言えばコブハクチョウ

もう何代も卵が孵化して
生き延びているのだから
野生といやあ野生だ
そんなことは関係なく
矢張り飛んでいる姿は女王そのもの
美しい・・惚れ惚れする

この昆陽池に20数羽いるが
滅多に飛翔の姿は見ることが出来ない
ところがこの日は3回も
それもゆっくりと池の周りを飛び回る
年末大バーゲンのサービスだ^^

高速シャッターで先ずその姿を押さえて
最後はお決まりのお遊び
スローに切り替えてみたが
上手く行かない
まあボチボチと・・

****本日の天星人語****

World wideなPhoto Diary

先日一緒に紅葉狩りをした仲間のうち
お身内が海外に長期滞在している友人がいる
その友人の話でこの
「スポック艦長のPhoto Diary」が
海外で見られているということを聞いた

URLさえ打ち込めば当然世界中で見ることが出来る
友人のブログのリンクから飛んでこられたのだろうが
矢張り海外までこのブログが繋がっていると言うことは
とても嬉しい限りだ

若いときアマチュア無線に凝っていたが
海外からの応答があったときは
それは天にも昇る心地だった

しかし今回の閲覧者は海外在住の日本人だ
その友人はうちの宇宙人と称している^^
いわゆるjapanese space alienですか
ワタクスも一応なりきり宇宙人です^^

宇宙人同士交流できれば楽しいですね
でも現地のパソコンは日本語のソフトが入っていません
コメントが入るとしたら英語かな?
それともこちらから日本語ソフト付きパソコンを
持って行ったのかな

[PR]

# by captain_spoc | 2008-12-04 17:43 | 野鳥 | Comments(22)
2008年 11月 27日

海遊館

e0022047_22442328.jpg

大阪の天保山に水族館「海遊館」がある
最近はUSJの開業もあって
海外からの客が多い
休日ともなると入場制限しなければいけないほど
沢山の客が来る
今2匹のジンベーザメが人気だ

****今日の天星人語****

一昨日私の撮影スタイルに
疑問の声が載っていましたので
お応えしたいと思います

私はバーダーであると同時にフォトグラファーでもある
(ガーデナーでもあるのだが・・・)
だから探鳥に行って写真を撮るとき
バーダーとして識別に役立つ
また初認の鳥を撮るときは
失敗しないようにハイスピードシャッターで撮影する

飛翔の写真もハイスピードシャッターで
綺麗に止めて写している
枝に止まっている鳥も良いがより生き生きとした
美しい姿を撮りたいと飛翔の写真に努力した
以下は作例だ

ツバメ返し(ターン)
e0022047_005580.jpg

夕陽を浴びて
e0022047_025527.jpg

絞りは開放にしてisoを上げて
ハイスピードシャッターが切れるように準備している

そこそこ飛翔の写真も成功例が多くなり
満足の行く作品が写せるようになった
するとフォトグラファーのスポックの
挑戦意欲が頭をもたげ
より難しいぶれの写真を撮りたいと思うようになった
以下初期の作例
e0022047_041273.jpg

e0022047_051670.jpg


カタログや取り扱い説明書には
流し撮りはシャッター速度優先が便利と書いてある
現場に出ればこんなことは使い物にならない
鳥たちが「今から出て行きますので
シャッター速度優先に換えてください」と言いながら
出てきてくれた事は一度も無い
突然に飛び出してくるのである

絞り優先開放でiso400で探鳥しながら歩いている
咄嗟に右親指でジョグダイアルを絞り込むように廻す
isoボタンを右人差し指で押しながらジョグダイアルを
右親指で左回しに廻してisoを落とす
これだけの作業を一瞬のうちにしなければならない
ファインダーを覗きながらのブラインド作業である

幸いなことに絞り、iso、WB、露出補正は
全部右手で作業なのでブラインド作業が可能だ
ところが絞り優先とシャッター優先の変更は
左手で作業だ
左手はカメラを支えるためボディの下にある
ファインダーから目を離して設定換えをしていたら
飛んでいる鳥は居なくなる

夜景や花火、ストロボ使用のときは
シャッター速度を指定しなければならず
この時はシャッター優先にしている

現場で何千枚も飛翔の写真を撮れば
一瞬でスローシャッターにするには
絞り優先で絞り込むことが一番早いことが
身を以って判った
だから三脚で飛翔の写真を撮るなんて
やって見たら判るができっこない

同じようにスタビを一方向にすれば
流し撮りが簡単に出来るとカタログにはある
列車や自動車などは良いが
鳥は上下に羽ばたくので上下のスタビを効かせると
羽のブレが滑らかにならない
まして鳥は上下左右どちらへ飛ぶか
予想がつかない

ことほど左様にカタログと実戦とは
大きな隔たりがある
私も3回も成人式を向かえデジタルには
なかなか馴染めない年代だ
だから身に付くまで何回も数多く実践する
そして一番良い方法を実践から割り出す
カタログを鵜呑みにして居ると何時までも進歩は無い

4回目の成人式は迎えられるか微妙だが
他人より数多くのシャッターを切り
カメラの設定を試している
最近の沢山のフォーカスポイントや
高速の連写なんか必要ない
C-AFも動く物には良いとカタログにあるが
鳥には使い物にならない
捕捉を外したときのサーチに時間がかかり
もう鳥は居ない状態だ
C-AF+MFのモードがあるが訳がわからん
どのように使うのか設計者に聞きたい

私が信頼するのは実践で得た経験だ

[PR]

# by captain_spoc | 2008-11-27 00:52 | スナップ | Comments(4)
2008年 11月 14日

怒濤

天に昇る
絞りf22+NDフィルター+iso100
e0022047_1684648.jpg


みなぎる力
絞りf22+NDフィルター+iso100
e0022047_20585646.jpg


荒波
絞り開放f5.6+iso400
e0022047_205924100.jpg


天気は良いものの風の強い日でした
遠くで波しぶきが岩にぶつかって
高く舞い上がっているのが見えました

是非近くで見てみたいと
現場に行くと凄まじい波でした
寄せては返す荒波は
2回と同じ波はありません
見飽きることなく1時間ほど
シャッターを夢中で切り続けました

それは美しくも有り又力強い波でした
この美しくそして力強い姿を
どう表現しようか色々試みました
1枚目はスローシャッターでモノクローム
2枚目はスローシャッターでカラー
3枚目はハイスピードでカラー

時間的に昼の最中でしたから
光線的には平凡でした
出来たら朝日か夕陽に撮りたかったです

[PR]

# by captain_spoc | 2008-11-14 21:12 | スナップ | Comments(8)